Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。上半期中に1冊出したいですね!

MENU

【朝ブログ】本多静六さんのホルモン漬けをやってみた!

f:id:einhander1341:20171117040345j:plain

日本公園の父、本多静六さんが食べていた「ホルモン漬け」が食べたくなり、小さな漬物器と旬の野菜である白菜を買ってきた。

実際に食べたら、美味かったし安かったので、ミニマリストの皆様は是非試していただきたいと思います。

 

僕が本多静六さんを知ったきっかけ。

僕は今、本多静六さんの「私の財産告白」「私の生活流儀」をAmazonKindleで読んでいます。

知ったきっかけは、庶民派ファイナンシャルプランナー横山光昭さんの著書を読んで、「私も愛読しています。」と出たので、実際に読んでみるか〜。と思い、踏み切ったのです。

本多静六さんの本を読んでいます!

 こちらが、本多静六さんの「私の財産告白」と「私の生活流儀」です。

AmazonKindleのKindleUnlimitedには感謝していますね!

 「私の財産告白」では、「本多式給料4分の1天引き貯金法」「家計簿をつける習慣」を説いており、一代にして財産を築き上げた苦労話が書かれています。

「私の生活流儀」は、本多静六さんが今でいうミニマリストの生活を昔ながらに送った生活論が、これでもかと書かれています。

両者共に、本多さんが80歳にして書いた著書で、「生涯現役」を貫いた人生訓でもあります。

ホルモン漬けを作ってみた。

ネットで検索してみれば、「ホルモン漬け」に書かれているサイトはほとんどありません。

別の意味のホルモンばかりが載っていますね?

ここでいうホルモンとは、植物の生長ホルモンを指します。

検索で唯一見つかったのがこのブログなので、よかったらご覧ください。

jimpei.co

昨日は、やたらとホルモン漬けが食べたくなり、仕事を終えてからホームセンターに寄ってきました。

漬物器がAmazonでも売っていますが、ネットでは漬物器の大きさがわかりません。

 

冷蔵庫に入るサイズのものが欲しかったのです。

すると見つかりました!

f:id:einhander1341:20171117040408j:plain

Hi-pet簡易漬物器 S-10 

 

冷蔵庫の扉ポケットにすっぽり収まるコンパクトなものです。

ホームセンター価格で、税込861円です。

 

これだったら、白菜が8分の1入ります。

 

漬け方は、簡単。旬の野菜を塩漬けする。実はこれだけ!

唐辛子があれば、なお良いと書かれていたので、先日買っておいた輪切り唐辛子を入れておきました。

 

容器に圧力をかけて水分を抜きます。
これで十分なのです。

 

f:id:einhander1341:20171117040425j:plain

昨日の晩御飯は、五分づきご飯に白菜のホルモン漬け、チキンフリッターでした。

一番お金がかかったのは、チキンフリッター170円。

 

白菜は4分の1が108円に値上げされてしまったので、それを買ったがそれでも半分しか入らなかったので、実質8分の1でした。54円のコストです。

(塩と輪切り唐辛子は度外視です。)

 

それが容器の半分だったので、27円のコストで済みました。

 

五分づきごはんは、一食16円と計算されました。(津市産キヌヒカリは1kg330円と安いのです。もちろん新米です!)

五分づきごはんはJA(農協)でしか買えません。お米を買った時に「五分づき精米」を注文すると、無料でやってくれます。

 

170+27+16=213円。一食213円で済んだのです。

もっとも、チキンフリッターにしなければ、もっとお金がかからなかったと思います。

本多静六さんの健康の秘訣。

本多静六さんの健康の秘訣は。

1「玄米食と野菜食(ホルモン漬け)中心であること」

2「夜8時からの2時間の散歩とひたすら勉強(とにかく、体も頭も疲れさせる)」

3「できるだけ交通機関を使わないで、とにかく歩く」

4「夜早く(22時)眠って、朝早く(5時)起きる」

 

以上の4点で十分かと。

僕が知らずの間に実施しているのが、1番と4番のアレンジ(21時〜4時)ですね?

運動不足なので、そこは反省すべき点です。

なんと…!

僕は2016年の6月に体組成計を買い換えて、朝活を初めてから、80kgあった体重が60kgにまで減りました!

わずか1年5ヶ月で20kgです。

 

本多静六さんも、玄米と野菜生活に変えてから、肥満体から痩身体に変化したそうです!

過去記事。  

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それじゃあ、またね!