Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。上半期中に1冊出したいですね!

MENU

十六夜、ビットコインを買う。

f:id:einhander1341:20171116163310j:plain

僕、十六夜はついにビットコインを買いました!

波がちょうど乗りかかった時で、(むしろ少し遅い)たった1日で一喜一憂するなんて、まだまだだなぁ。と思いましたね?

今は、売値が買った当時の値段に並びました。

 

写真は一昨年から去年までお世話になった黒招き猫。今は既にMac miniを買う時に開封され、役目を終えたので処分済み。

 

十六夜、すぐに動いた!

2017年11月11日に行われた仮想通貨*1って何?未来型投資セミナーに参加して、その日の夜、正確には次の日の朝にbitFlyerさんのアカウントを作りました!

www.alkanet-books.com

bitflyer.jp

ビットコインは、株券と違って10000円2000円から投資を始めることができます。(取引所によっては、1000円からでもできると言っているところもあります。)

*2

 

それに、よほどのことがない限り、時事に精通していなくても波に乗ることが出来るので、基礎知識さえあれば誰でも始めることができます!

メール通知でアカウントランクが上がった!(仮だけど、取引できるよ〜)

アカウントを作ったら、住所氏名(本名)の登録、身分証明書のデータスキャン、目的の告白、取引銀行口座の登録など、必要な手続きをやらなければなりません。

 

それもネットに精通していれば、簡単にできます。

 

早速、10000円を課金しようとしたら、振込手数料324円かかるよ〜と言われたので、10324円を課金しました。

 

取引銀行の口座からオンラインバンキングで入金。

簡単にすみました!

 

その後、アカウントランクがお財布機能のみの「ウォレットランク」から高度な取引ができる「トレードランク」に上がりました!(仮だけどね?)

bitFlyerさんから、存在証明手続きのハガキを贈られたので仮でランクアップしたのです。

 

このハガキが届いてから30日以内に手続きをしないと、すぐに「ウォレットランク」に格下げされてしまいます。

早速買ったみた!0.012BTCなり!

とりあえずやってみたものの、まずはビットコイン販売所に向かいました。

取引所の操作に慣れず、最初は悪戦苦闘しましたね?

 

少しだけのBTCを取引しようと思ったら、日本円が足りないよ〜と言われ、ブッ!と音が出ました。

 

ようやく取引ビットコインが決まったので、無事に購入。

0.012BTC…あれ?373円日本円が余っているぞ!

しかし、やっちまったものは仕方がない。

 

bitFlyerさんのサイトを見ればわかるかと思うけど、左の高い値段が買値。(1BTCを買うのに、いくらかかるのか?)右の低い値段が売値。(1BTCを売るのにいくら儲かるのか?)

 

つまり、すぐに気が変わった!で再取引すると、めっちゃ損します!

(1BTC取引で約5万円差)

 

じゃ、どうするか?

じっくり構えて、お金が育つのを待つのです!

今日はどんなふうになったのか?

2017年11月16日現在、ビットコインは少し値が上がって、課金手数料分は上がりました!

 

しかし、たった1日で一喜一憂するなんて、困ったちゃんですね?

例え、さらに暴落したっていいんです。

そうなったら、また買えばいい。それだけ。

 

10000円の余計な買い物をして、無駄遣いしたら10000円は消えてしまうが、10000円の投資をすれば、幾らか分のお金が残ります。

 

そして、ビットコインが暴落した時に、急上昇したビットコインキャッシュ(似た名前の別物)が今度は逆に暴落しましたね?

 

相場は化け物です!

逆を言えば、もう10000円課金して、今度はビットコインキャッシュに投資をすればリスク細分化でリターンは少ないが、効率は良くなりますね?

 

NISAのおまかせ投資がその一例です。

 

ハガキが来たよ!

f:id:einhander1341:20171116171157j:plain

bitFlyerさんから、簡易書留のハガキが届きました!

これで「トレードランク」の永続利用が可能になりました!

 

本来は、ハガキが届いてから取引を始めるべきでしたが、前後して結果オーライでしたね!

そして、スマートフォンでも!

PCサイトにログインして、2重認証を手続きをすれば、ワンタイムパスワードがスマホに表示されます。

 

これさえあれば、スマホでも取引(ログイン)が可能になりますが、スマホでは長期グラフが見にくいですね?やはりパソコンの方がしっくり来ます。

これから…。

これからは、じっくりを構えたいですね?

例え暴落が来ても、この経験は、きっと後に生きてくるでしょう。

今はお金を育ててゆきたいと思います。

 

ビットコイン、ビットコインキャッシュだけじゃなく、モナコインなどもあります。

 

仮想通貨(暗号通貨)は完全に法整備されました。

2017年7月に仮想通貨法が施行されて、ビットコインはモノからカネになりました。

取引ごとに消費税がかかりましたが、それが撤廃されました!

 

これからだんだんと伸びて来ますが、みんなが参加する以上、より厳しくなるでしょう。

「本多式給料4分の1天引き貯金法」と合わせて、うまく活用してゆきたいと思います。

過去記事。

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それじゃ、またね!

(追記:2018/01/16 現在、暗号通貨市場は大変不安定な『投機的市場』になっており、素人が気軽に『投資』できる状況ではありません。僕も暗号通貨市場から手を引いて、つみたてNISAとワンタップバイにシフトしました。また野獣コイン詐欺の事件もございますので、無名の暗号通貨にはくれぐれも手を出さないようにお気をつけくださいませ。)

*1:仮想通貨を『仮想通貨』って呼んでいるのは、日本だけです。『仮想通貨』は『暗号通貨』『ブロックチェーン』を理解できないと、手を出すべきじゃありません。

*2:ワンタップバイは(一部の)米国株と(一部の)日本株が1000円からでも投資ができます。